キレイに痩せよう!【バランスのよい食事偏】

集中ダイエット

キレイに痩せるには?

「痩せたい」と思うのは、こういった理由が多いのではないでしょうか?

・彼から、気になる人から、友達から、
「キレイだね」って言われたい。
・服やドレスを素敵に着こなしたい。
・印象を良くみせたい。
といった、人からの印象

・病気にならないように。
・体や膝に負担がかからないように。
といった不調改善や健康面が気になるから。

「痩せたい」

その先に理想とする姿があります。
最終的な目的を叶えるには、

「キレイに健康的に痩せる!」
ですよね。

極端な食事制限で体調を崩したり、
肌ツヤがなくげっそり、
単に細いだけ。
これでは、ちょっと目的とは違ってくるのではないでしょうか?

「キレイに痩せる」には、まずはバランスの良い食事が大切です。
栄養バランスが悪いと、健康や肌ツヤなどの見た目の影響だけでなく、
結局、ダイエット効果を下げてしまいます。

バランスの良い食事とは?

オーガニックランチ

痩せたいからと、こんな食事になっていませんか?
・食事の量を極端に減らす。
・ダイエットに良いと聞いた食材ばかり食べている。
・タンパク質ならいいと、タンパク質ばかりの偏った食事。

体は、バランスよく栄養が入ってこないと吸収率が高くなり脂肪に置き換わりやすくなったり、
食欲がわきやすくなることがあります。
栄養バランスがいいことが、太りにくい体質づくりになるのです。

五大栄養素。

それで、あらためて栄養について書いてみました。
バランスの良い食事とは、五大栄養素がきちんと摂れていること。
五大栄養素とはは、タンパク質・糖質・脂質・ビタミン・ミネラル。
(食物繊維を入れて「六大栄養素」とも言われます。)

五大栄養素

身体をつくる「タンパク質」。
力や熱、エネルギーになる「糖質・脂質」。
身体の調子を整える「ビタミン・ミネラル」。

タンパク質、糖質、脂質を取り入れて、エネルギーに置き換えたり、代謝させるために、
潤滑油となるのが「ビタミン」です。
ビタミンと同じく、身体の機能を調整して、身体の構成成分にもなっているのが「ミネラル」です。

つまり、ビタミン、ミネラルを摂らないと、痩せづらくなります。
また、身体の不調にもつながります。

後日で、ビタミンとミネラルの役割について書きますが(こちら)
それらを覚えるのも大変だし、
料理下手な私には、とーっても難しい…(汗)。

バランスの良い食事方法

そこで、私のオススメするポイント2つをお伝えします。

ポイント①
「一汁三菜」。
汁物、主菜1品と副菜を2品。難しければ副菜を1品。プラスご飯。
ビタミン、ミネラルの中には摂りすぎると体に不調をきたすものもあります。
毎日同じメニューなどひとつの食材に偏らないようにしましょう。
ビタミンAは油と一緒に摂ると吸収率があがりますが、ビタミンB群などは熱や水に弱いものもあるので生野菜も含めましょう。

ポイント②
「まごわやさしい」という、日本の伝統的な食材を表した言葉があります。
これにプラス発酵食品。

ま…豆類
ご…ごま
わ…わかめ
や…野菜
さ…魚
し…しいたけなどキノコ類
い…いも類
いも類は糖質が多いので、控えめに。
プラス「発酵食品」
これだと食材を選びやすくなりませんか?

食事は自分の身体を作り上げてくれる大切なもの
急いで食べたり、テレビを見ながら何となく食べたりするのではなく(お腹の空気も増えます)、
よく噛んで、楽しく、味わって食べましょう。

ちなみに、「これ食べたら太っちゃう」
そう思いながら食べると、脳が「太らせた方がいいんだね」って太りやすくなるとも言われます。
言霊パワー☆彡
「私、これ食べたら痩せちゃう~」
といって食べると痩せやすくなるそうですよ。
これで痩せたという知人もいました。

ぜひぜひ、キレイに痩せて、あなたの願う姿を手に入れましょう!

 

名古屋久屋大通駅すぐ、栄・丸の内・名駅からのアクセスも良いプライベートエステサロン
瞬間ヤセ&本格フェイシャルサロン
Reclat(リクラ)

関連記事

  1. 食事

    食べすぎていないのに痩せない(代謝編)

  2. 桜のつぼみ

    ダイエット&美肌|肝臓を大切に~陰陽五行~

  3. おもち

    お正月太りと肌荒れにご注意を!

  4. ジーパン

    本当に痩せたの?誤魔化さないサイズチェック。

  5. お雑煮

    目の下のクマ・くすみ対策(代謝不良)

  6. 秋の紅葉

    五行説「金」のタイプ(肺・大腸経)