太りにくい食生活【食べる時間】

オーガニックランチ

食べる時間、決まっていますか?

ダイエット中、「夜ご飯は20時まで」と言われます。
確かに、そうなんですよね~。
ただ、そうしたくても、仕事などで帰宅が遅い方、旦那さんや家族の帰りが遅くて、早い時間に食べられないという方も多いと思います。
私も、仕事があるときは22時ぐらい。
20時までに食べるのは難しいです。

でも、気をつけていることがあります。
朝、昼、晩と3食、だいたい同じ時間に摂るようにしています。

毎日同じ時間帯に食べましょう。

以前にも書きましたが、そもそも「脂肪」は生きるために必要なもの。
今は豊かな時代になり、食べるものがないということが、まずはありません。
しかし、ついこの前、戦後の間もないころまでは、食事にありつけないという環境がいくらでもありました。
そのため、私たちの遺伝子には、「ちゃんと食べ物が入ってこないと、生命の危機?」と思って、「貯めておかなきゃ!」というスイッチが入ります。
それが、極端な食事制限をした時のリバウンドにもつながるのですが、
食べたり、食べなかったり。
食べる時間がバラバラ。
となると、体は「いつ栄養が入ってくるかわからない。不安だなぁ。貯めておこう!」となるわけです。

私の経験ですが、30代半ばの頃。
エステ以外に手掛けていた仕事があって、帰宅は早くても23時すぎ。
それから、作って食べると夜中の0時。
その生活になった当初は体重が増えました。
しかし、しばらくその生活が続くと、増えなくなりました。

カラダってすごいですよね~。
生きるための機能が、いろんなところに備わっている。

この経験からも、できるだけ同じ時間帯に食事を摂るようにしています。
ただ、夕食が遅い時間というのは、決して体にいいことではありません。
食べたものが消化して吸収して…と、内臓くんたちは頑張ってくれています。
寝ていても、内臓は働いている。
睡眠の質が低下したり、疲れが取れなかったりします。
なので、疲れがたまっているときや、不調を感じるときは、軽めの夕食にしています。

健康や痩せることを考えると、早めの夕食が望ましいのですが、
難しい方は「同じ時間帯に食事をする」というのも、太りにくい食生活のひとつです。

サロンでは、おひとりおひとりにあわせたビューティアドバイスをしております。
ケアだけでなく、日常生活などトータルサポートしていきます。
お気軽にご相談ください。

名古屋痩身エステサロン
NOリバウンド・瞬間ヤセ
Reclat(リクラ)

関連記事

  1. お雑煮

    目の下のクマ・くすみ対策(代謝不良)

  2. 冬太り

    冬太り、お正月太り予防策。

  3. ダイエットコース

    3種の痩身エステ~あなたのお悩みにお応えします~

  4. 赤ワイン

    ワインとダイエット&美肌の関係

  5. 痩せたい

    食べてないのに太ってしまう。コンビニ弁当。

  6. 青色

    色でダイエット効果アップ!?